j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冷静に - 世界を

Globalization and Knowledge Building in Urban Development & Human Settlements
という国際カンファレンスがあり、世界中の研究者さんのレクチャーを聞くことが出来ました。

改めて冷静に日本の状況と世界の状況を比較しながら考えることは、混乱をきたしそうになります。

特に南米の貧困層に焦点をあて、不法な住居エリアの拡大の様子を見せられると、いかに計画的かつ効率的に都市を拡大させることが大事か。それだけでなく経済の発展と共に考えなくてはいけない状況。それが世界的な課題だなと。

日本の、人口減少社会でなんとかとか、まちづくりがどうしたとか、っていうのは最優先ではない課題だなと。


Think Globally, Act Locally.

日本内部を考えるだけではなく、日本の役割を考えなくてはいけません。

コールハースが中国の急速な開発について話したとき、友達は日本の立場について聞いてきました。日本はアジアに対してもうちょっと責任を持たなくてはいけないとか。

うむ、難しいな。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 08:38:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。