FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

I am sterdam

ams.jpg

アムステルダムでのワークショップ。月曜日はバスでアムステルダムへ。再開発された住宅エリアとか、アムステルダムスクールの作品とか見てきました。

そのあと、アムステルダムの市役所の一部門、郊外の特定の住宅地の計画をする部署におもむき、そのプレゼンテーションを受けてきました。市役所の都市計画部署はそうとう充実しており、市役所お抱えの設計事務所のような雰囲気すらあり、日本とは大きく違ってます。シティ・アーキテクトとかいう風に言われて、その作品は必ずしもかっこよくありません。

ということは知っていましたが、特定の地域を専門に扱う部署があるとは知りませんでした。ソーシャル・ハウジングの集まる地区で、必ずしも豊かな地区ではない。家の大きさもヨーロッパで言うと小さめ。そこまで鬼気迫る問題を抱えているようには感じられませんが、ここがワークショップの対象地区と設定されました。

と、せっかくのアムス。夜まで飲み尽くし。写真はミュージアムの前の広場。最近のアムステルダムのキャッチフレーズ、I am sterdamが今日の写真です。アムステルダムの夜は、いわゆるコーヒーショップとか飾り窓が取り沙汰されますが、この広場はきれいなライトアップと静かな雰囲気で、お薦めの広場ですね。

黒く闇に落ちた芝生に伸びる薄い一本の光の筋
なぜか立体的に立ち上がる文字
なぜか日本人が設計したと皆知っているゴッホ美術館の壁
遠くに見える古めかしい美術館の建築という背景
・・・

で、今日は作業。テーマは高速道路沿い。二つに分かれたアムステルダムをどう扱うかと言うことです。いわゆる旧市街と郊外の住宅地、その間を高速道路が走り抜け、空港に近いためオフィスビルが建っていたりするエリア。その明確なビジョンを示せと。

一週間のワークショップ。もっと挑まなくてはと。ワークショップ、今まで知らない人と立てる計画は、信頼できる仲間とおこなったコンペとは違い、そうとう気合いを入れてかからないと自分の満足いくレベルには到達できません。

まぁ、今日はそんな訳で、家に台湾人も泊まってることだし、この辺で。では。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/02(水) 07:49:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0