FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

ws - presentation

金曜。WS。プレゼンテーション。
空気は何処の国にいようが関係はない。
緊張感と期待感と不安と自信とが複雑に混ざり合う空気。

思えば、ちょっとだけ英語のプレゼンに慣れた。
しかし、他と比べると極めて幼稚に思える。
語彙の多さは圧倒的に違うが、適宜に使う言葉が違う。

プレゼンテーションから議論が生まれる雰囲気。
双方向の矢印が一本だけでなく広がっている。
その代償としてどこかまとまりに欠ける。

伝えるべきイメージを的確なダイアグラムで伝えること。
提案するアイデアは意志を持っているべきである。
つまり、力強く、新しいアイデア。

的確な分析と新しいアイデア。
自分の軸足は何処にあった?
もう一方の足は頻繁に動いていたか?
スポンサーサイト



  1. 2005/11/06(日) 09:12:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:1