FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

新旧混在 - Museum Boijmans van Beuningen

ロッテルダムにある美術館、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館へ。

有名どころでは、ピーター・ブリューゲルの「バベルの塔」だそうです。レンブラントからダリ、マグリット、コンテンポラリーアートまで混在。

コンテンポラリーは空間を作ろうとする芸術である場合、建築と通ずるものがあり、時に良い作品に出会えます。

広い空間に薄く水を張り、人が歩くことによってできる波紋が、ライトで照らされ、その反射が白い壁に映る空間は、自分の影も相俟ってインタラクティブで不思議な空間を作り出していました。


ロッテルダムの街と同様に、展示も、建築も新旧混在。

そのコントラストは時に心地よく、時に不和感を漂わせます。

それをうまく操る感覚を得るのはなかなか難しい様です。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/27(日) 10:37:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0