FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

polder - まとまりもなく

greenhouse.jpg

友達に折りたたみの自転車を借りて、電車に積み、ゴーダの街のそばにあるZuidplas Polderへ。敷地調査です。

Nieuwerkerk aan den Ijsselという小さな駅で下車。駅はcanalの上にありました。

古い町は堤防の上に小さくありますが、新しい市街地は堤防の下に広がってます。

ロッテルダムから広がる拡大する建設中の住宅地を横目に、ポルダー内部へ。

Polder内はだいたい海抜マイナス5m~6m。海から結構離れた場所ですが、ピートの地盤は年に0.5cm沈下しています。

ポルダー内は細長い矩形の排水用の溝がいくつも刻まれて、それが集まってcanalになります。そんな地の上に鉄道やら高速道路が曲線を落として、新しい住宅地がいかにも計画的にちいさな道を走らせている。
大部分は農家であり、畑やら牧草地になっている。グリーンハウスは花を育てており、電球が一日中花を照らす。インターチェンジ付近は工業団地みたいに工業系の建物が集まる。

まとまりの無い状態のpolderに住宅を10,000戸作りなさいと言う課題。
単に住宅を作るだけでは全く意味を感じないので、何かしなきゃと、アイデアを探ってます。

グリーンハウス内は別世界でした。
外の世界を知らない花たち。
無垢な花の世界が異様に感じられました。

ポルダーという地にはいくつもの孤立した世界がバラバラと置かれただけなのかもしれません。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/05(月) 02:06:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0