FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

寒空に濃霧 - ベネチアへ

大学を6時頃に出ると、外は真っ暗、濃霧が立ちこめていて、とても寒い。
夜の霧とはなんだか不気味である。

僕の属しているプログラムは、4大学が連携したプログラムである。事は前にも書いたと思う。ちなみに以下。
UPC Barcelona, TU Delft, KU Leuven, IUAV Venezia

で、全部で四つのセメスターの内、少なくとも一つのセメスターは、他の大学に行かなくてはいけないんです。

それで僕は2ndセメスターにベネチア、3rdと4thはデルフトと希望を出したところ、承認されたとのメールが来ました。

バルセロナはスペイン語なので論外。
Leuvenも行きたいのですが・・・
何しろ今のセメスターが上手く回っていなくて、オランダについて何を知った?と問われると不十分なので、計一年半、オランダに止まることに。

不十分、というのも、
今のセメスターに、お役所訪問も予定されていたんですが、なくなっちゃいました。
理解できたのはポルダーによって土地を獲得したオランダのそのポルダーのシステムについて。

3rdセメスターでは、リージョナルプランニング、モビリティに焦点が当たるとのこと。オランダらしさの一つと見て、期待できるセメスターです。

その前にベネチア。ここでは歴史的な街にどのように新しい概念による計画を挿入するかというテーマ。これも期待は大きいです。

何しろベネチアに期待大です。

とはいえ、今のセメスターの様に期待が大きすぎても・・・という気もするし、予定は常に未定。現時点では五里霧中。霧の中にいる不安感はぬぐえません。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/10(土) 07:32:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0