FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

last presentation - 1

本日はdesign studioのlast presentation。

といっても年明けに正式なpresentationがあるので、ラストではないのですが、与えられた課題の全ての答えをプレゼンしなければいけないと言う点でラストです。

内容に関してはそのうちhpで紹介します。

住宅地を作りなさいと言うのがタスクですが、本質はどのように新しいランドスケープを提案するかということにあると理解しています。そういう視点で見ると、12人の学生のうち半分くらいは、ただ単に住宅地を作ったという感じが否めませんでした。勿論提案された計画は興味深かったです。厳しく見るとそんな感じ。

貯水池も計画しなくてはいけないのですが、それと新しい住宅地を上手く関連づけられている提案が興味深かったです。ぼくはこの部分は仕切れませんでした。水平生が強調されるオランダのランドスケープでは水という要素が重要だとあらためて実感。

また、極端な提案も興味深かった。正攻法ではなく、違った角度から分析して、極端に提案する。リアリティは薄かもしれないのですが、その分伝えるべきメッセージはインパクトを持ちうる。

提出物はA3フォーマット。枚数指定は無し。A1とかのボードを作るわけではありません。プレゼンテーションが重要になります。単にA3をプロジェクターで映し出して行うプレゼンテーションはA1ボードで行うプレゼンに近い雰囲気です。でも、それよりも、パワーポイントでストーリーを伝えるプレゼンテーションの方が効果的だとかんじました。

今年はもうちょっとする事が残ってますが、忙しさからは解放されました。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/20(火) 07:39:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0