FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

やっぱり建築学生でした

しばらく空白でした。時系列で。

先々週末。

ボローニャへ。
大学の街。大学がまちなかに点在していることが、古い街を殺さずに生き生きさせている。日本の郊外に出来るキャンパスはどうかと思う。ベネチアも古い工場、修道院なんかが大学にリノベーションされ、まちなかに点在している。アメリカ型巨大キャンパスとの違いかな?

フィレンツェへ。
二度目の訪問。いわゆる観光地の裏側の生活と、ベネチアでは味わえないお洒落なBARを堪能。

シエナへ。
カンポ広場の観光客をのがれ、街の片隅へ。土地の起伏に沿って広がる街と高台のDOUMOを眺めつつコーヒー。起伏が街の裏表を作り、隠された場所を作っています。


先週。
ワークショップ。
ベネチアの東にある、軍隊が持っていた島。レンガ造施設は廃墟になり植物が覆い尽くす。この島をどうにかせよと。
台湾人と組んだグループは、プログラムを詰めて、やや陳腐に感じました。
カルロ・スカルパの海の干満を利用したデザインのように、生態系を意識した水際の提案は面白かった。
自分のデザインワークに反映させます。


先週末。
ミラノサローネ。家具の国際見本市へ。
大量の家具を見るのはさすがに疲れました。
クールなデザインのキッチン、マフィアの使うソファ、ザハのテーブル、展示空間、個人アーティストのアート的家具。
かなりいい刺激を受けました。
インテリアデザインをみていると建築がしたいという欲求が沸々と沸き上がって来るのを感じました。
これも自分のデザインワークに反映させなきゃ。

ご案内と宿を提供してくれたミラノのSさんに感謝。
彼女のしたたかなデザインへの視線も垣間見ました。


来週まつ。
もしやローマに行くかも。デルフトの友人がイースターで来ているので。


週末遊び過ぎなので平日は夜更けまで頑張ってます。念のため補足。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/11(火) 20:18:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:2