j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふたたび - たびだち

旅人は翌朝にまた旅に出るわけです。またオランダという国をあとにするわけです。といっても行く先もオランダ語圏ではあります。

この夏は時間をのんびりと使えましたが、一方ではイタリアからオランダを経由して、デンマークをちょっと旅して日本に帰ってオランダに戻るという、やはり旅人だったわけです。ゆっくりといろんな場所を見れたことはやはり良い経験であり、オランダを再度、違うヨーロッパの思考を交えたフィルターで見ることもやはり良い経験。実社会である事務所に居たことも緩い環境とはいえ、良い経験。

気が付けばデルフトの国際的な友人達は散り散りに各国へゆき、日本人の友人達とビールとワインを傾けている。

何となく日常的な旅立ちです。日常的な旅立ちか。

腰を据え付けることは良いことばかりではない。同時に、悪いことばかりでもない。腰を据え付けないことも良いことばかりではない。

と実感し、旅人である良いことに集中しなくてはと思うのでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/17(日) 08:01:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。