FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

敷地調査 - Brussel white night

はじめはグループに分かれて地域の分析。イタリア人さんと中国人さんと一緒に敷地へ。好い意味でも悪い意味でも興味が飛び飛びで、目に見たモノにすぐ飛びつく女の子達との調査はやや疲れます。

移民、とくにモロッコ系が多いらしく、今日はなにやらマーケットの日。賑やかなまち。異国情緒漂うまち。

移民は工場の労働者としてイタリア、スペイン、さらに南のモロッコからやってきました。実は、ロンドンでの産業革命を大陸で最初に受け継いだのはブリュッセル。すぐにパリなどに追い抜かれるのですが、世界で二番目に工業化した都市です。


工業は廃れ、更地も多く見られますが、いくつかの建物はリノベーションされています。

工場転化の好い事例としては、
高校と宗教施設とイベント会場と自転車修理工場が入る複合ビル。今日は碁の大会があった模様。
工業労働博物館。今日は僕らの扱うエリアであるMolenbeekの歴史展。

しがないエリアで写真をとりまくっているので、その辺の子供たちがよってきたり、オニイチャンに何してんの?と聞かれたりで、まあ疲れました。

whitenight.jpg

今宵はブリュッセル、ホワイトナイトと呼ばれる夜。多くの広場ではイベントが、美術館は開けられ、シアターではイベントがあり、バーやクラブではイベントが朝まである。

はず。

しかし、グランプラスでのトラディショナルに歌うお姉さんを見たくらいで、やはり楽しむにはまだ街を知らなさすぎるようです。歩くのに疲れ果てたこともあり、10時頃には帰宅。
スポンサーサイト



  1. 2006/10/01(日) 07:00:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:2