FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

三年ぶり - ココナッツが恋しい

二週間前、突然のメール。「デルフトに行くから会おう!」とフランス人の友達から。

三年前、カンボジアの首都プノンペンに、アーバンデザインの国際ワークショップのため一月ほど滞在しました。そのフランス人とはそこで、同じグループで作業しました。かれは都市経済専門でした。

ぼくの渡欧前に、デルフトに行く旨、メールしたので、その記憶があったらしく、メールをくれました。

ベルギー、ルーヴェンいると返事を返したところ、なんと彼はブリュッセルで働いているとのこと。


で、今日三年振りに再会。


驚くことに、彼はカンボジアの後、ちょっとだけ交換留学でインドに行き、そこでインド人の彼女を見つけ、彼女は今はフィアンセで、彼女はマーストリヒトで博士課程にいると。彼女の博士が終わったら結婚するとのことです。

彼と彼女がブリュッセルからマーストリヒトに行く道中にルーヴェンがあるので、ベルギービールとベルギー料理と共に、ルーヴェンで再会。


三年はあっという間だ。カンボジアの一月もなんだか夢のようだ。会場だった公園の中の建物には猿が出没して部屋を荒らした事とか、一緒のグループのカンボジア人がドロップアウトしたこととか、僕ら日本人のつたない英語とその代償のデザインワークとか、毎日のように飲んでいたココナッツジュースとか。

1月か2月に、もう一人同じチームのフランス人のいるストラスブールへ一緒に行こうということで。


しかし、とてもよい再会でした。
スポンサーサイト



  1. 2006/11/11(土) 07:14:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0