j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

exam - 掃除して、待つ

午前中は Urban Spatial social changes と題された講義のオーラルテスト。

出身地を聞かれたあと、先生の質問は名古屋のSoicial-Spatial Structureを、明治維新後から今まで語れと。これがメインの質問、他にも二三の質問。

札幌でこたえれば良かったと少し思いつつ、まあまあ良く答えることが出来ました。北大の研究室で日本の都市計画史をしっかりと叩き込んだのが良かった。しっかりとベースは出来ています。

しかし、ヨーロッパ人が明治維新だのと言葉にするとちょっとどきっとする。途中、Social Housingについて聞かれて、関東大震災が・・・と答えると、ああ、1923年、と切り替えされたり。先生の専門分野とはいえ、その幅広い知識には感服。


午後は昨晩から引き続いて掃除。EVENINGに大家さんが来るのでそれまでにお部屋の掃除をしないといけない。

まずは家に帰って、もう使わないし、デルフトに持っていくのも厄介な鍋とか食器とかハンガーとかそういうのを、中古屋さんに持っていく。

ルーヴェンには学生向けの大きな中古屋さんがある。買い取ってもらうつもりだったけど、お金は払えないよー。とのこと。持って行き損だった。次の住人さんの為に部屋に置いておいてあげれば良かった。せっかくの苦労は水の泡。


今はひたすら待ってます。大家さんが来るのを。EVENINGにして下さいと自分で入ったものの、日本語直訳で、夕方、という意識。

英語でのEVENINGはどれくらいの時間を指すんだろうと調べると、日没から寝るまで。ちなみにNightは日没から日の出まで。

日本語で夕方も調べると、日が暮れ始めてから夜まで。夜は日没から日の出まで。

夕方とEVENINGは別の意味だね。


と、暇なんです。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 02:44:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。