FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーミーの家々 - conversion

また新しいコンペに入ったのだけれど、
一つ終えたばかりで、新しいのも始まったばかりで、
のんびりと。

参考事例なんかをあたってみる。

敷地付近に軍用地がある。軍隊さんの住宅地がある。

ドイツは歴史のためにいくつもの駐屯地があった。アメリカにイギリスにフランスにロシア。軍隊さんは軍隊さん専用の住宅地、バラックに暮らす。

日本語ではバラックは戦争やら災害やらの被災地にたつ掘っ立て小屋くらいの意味でしか導入されていないのだけれど、バラックのもう一つの意味は兵隊さんのお住まいです。

日本の米軍基地内にもアメリカンな住宅が建っててそこにアメリカ兵三が暮らしているようなものですが、ここで言うバラックはもう少し質の悪い住居群。

もはや使われないバラックがドイツには無数に散在していて、それが通常の住民のために、新しいオフィスの為にコンバージョンされているのです。

古い住居群を壊して開発する例も多々ありますが、興味深いのはむしろコンバージョン。質の悪い住宅の質の悪いコンバージョンには首をかしげざるを得ません。が、煉瓦層倉庫の住宅への転用なんかはかなり興味深かったりしました。

オープンスペースは軍隊の駐屯中とはことなり、パブリックな空間に生まれ変わったりしていて。

世界には知らない事がまだまだ山のようです。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 08:12:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。