j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

days on in Vienna office - 苦戦

ウィーンオフィスでの仕事は、インスブルックよりも随分と雰囲気が良い。年が近い人達が何人かいるからかな?

ただし、仕事環境と、自分の関わりに関しては、かなり苦い。

スロヴェニアの首都リュブリヤナの都市開発エリアの一部がプロジェクトのエリアで200m*200mくらいの敷地でかなり広い。住宅+商業+ホテル+保育園までが入る予定。中層棟のブロックと、高層一棟がデザインの対象だ。

ちょっとくどくなるかもしれないけれど、中層棟のファサードは豊かになりそうで面白い。高層も、足下と頂部はパブリックスペースとしてデザイン。高層はまだまだヨーロッパでは少ない分、デザインの挑戦になって面白い。

模型も専門家に頼んで、アクリルのかなりきれいな模型に仕上がっている。

ただし、オフィスでの僕の役割はまだまだ下っ端下っ端。まだ二週間しか働いていないから当然なのかもとも思う。

けれど、昨年の夏にしていたオランダでのインターンは最初からかなりチームに入って、自分の主張も効いただけに、それと比べるとスタートはかなり重たい。

それなりにデザインにもっと積極的に関われると自分では自信過剰気味に思ってはいるものの、この一週間のほとんどはスタイロを切っていた。

もちろん言葉のせいもあるので、ドイツ語はこれから頑張らないといけないし、使い慣れていないAUTOCADのせいもある。彼ら、プレゼンパネルのレイアウトもAUTOCADだ。ただ、そういった技術面だけではない、オフィスの雰囲気も閉じているような気がして気が重たくもなる。


まだ始まったばかり、打開するのは自分でしかない。ちゃんと自分のポジションをオフィスの中で築かなくては。

---
ただし、ウィーンでの休日はそれなりに楽しんでいるので、ウィーンの建築巡礼と合わせて明日書き込みます。今宵もパーティで、インスブルックに帰るのは明日の予定。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 18:31:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。