FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

自転車小旅行 - sturm

080906_cornfield.jpg

風が強かったのだが、自転車で遠出してみる事にした。といってもインスブルックから10kmほど離れたHall in Tirol。帰ってきてから地球の歩き方で調べてみると、貨幣鋳造の街で発達し、隣のインスブルックがチロルの中心となって、古い街並みが残されたとの事。小さくとも、都市の体をたもった、きれいなまちでした。

川沿いにインスブルックから、農地を少しだけ、小さな工業エリアを少しだけ走ると、一時間ほどで到着。

小さな街はムラ意識がつよそうで、明らかに観光客と地元民の区別がつきます。街の旧市街に入り、坂を登るとすぐに中心の広場。うんよくちょうど、ワインの新酒フェスタみたいなのをしていて、街の人が中心の広場で飲んでます。

せっかくなので、もちろん飲みます。で、この時期限定のSturmという発酵している途中のワインを頂きました。

実は先週、一度飲んだのですが、正直甘ったるくて、グラス一杯もいらない感じでした。が、今日飲んだものはかなりおいしかったです。

080906_sturm.jpg

後ろのお姉さんに、怪しげな東洋人はかなり見られてます。

写真にも見て取れるように、strumは濁り酒です。ワインボトルではなくて、2L位のボトルから注いでくれました。ボトルは発酵によって気体が発生するため、コルクではなく、アルミ箔で簡単に蓋がしてありました。

リンゴジュースかシードルのようなフルーティーな甘みが強く、ジュースのようですが、ワイン並みにアルコールは含まれています。今日飲んだものは、あまり発酵による炭酸は強くなく、この前のものに比べ控えめな甘みと、ほどよい酸味、かなり微妙な渋みがちょうど良い感じ。

ブドウの種類によって、醸造所によって、発酵具合によって、気候によって味は相当左右されるはずで、やはり醸造所ごとの味があるものと思われます。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/06(土) 21:01:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:2