j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名古屋空港 - おくりびと

WBC、感動でした。
トーナメント方式やら、松坂がMVPやら、アメリカンな運営方式などへの疑問はありますが、
そんな事関係ない、すごい試合でしたね。
感動でした。
サッカーワールドカップのように根付いて欲しいですね。

旧名古屋空港、小牧空港跡に出来た映画館で「おくりびと」みました。
良い映画でした。


小牧空港、なかなか面白いです。

昔の国内線ターミナルは、大幅に縮小されて、県営名古屋空港となっております。
JAL系の路線が、地方都市、帯広、松山などなど、小さな飛行機が飛んでます。
ヨーロッパの格安エアラインが使う小さな地方空港のように、バスに乗るように飛行機に乗る空港です。

旧国際線ターミナルは、2000年頃だったか、新築されました。
それまでの国際線ターミナルは、そうとう小さなものだったとはいえ、
中部国際空港が出来ると分かっているにもかかわらず新築された大きなターミナルでした。

それが名古屋のAEON的立場のAPETAになっています。
駐機場だった場所に大きく駐車場が出来て、シネコンも旧駐機場に新設されています。

大きな旧ターミナルは、スーパーとか、洋服屋さん、雑貨屋さん、本屋さんなんかが入っています。
むかしの出発ロビーの吹き抜けにフードコート。

建物は、通常は外に閉じたこういった郊外系店舗にはないような、ガラス張りの空間が多く、
そこに椅子テーブルが置かれて、本数は少ないといえども飛行機の発着を見ながらくつろげます。

何よりも天井高が高いので、ショッピングセンターとしては豊かな空間です。

辛口に言えば、もうちょっと空港建築を生かしつつ、という部分が洗練出来たのではないか?とは思えども、面白い場所でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/24(火) 17:30:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。