FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

split-levels market - after attending...

マーケットを歩き回って同意したのは、マーケットがタイと比べると面白みにかけるということ。観光客向けかもしれない地元アイデンティティに基づいたお土産になるようなオリエンタルおしゃれ雑貨がないということ。そういうのが手に入るのはSofisticatedされたガイジン向けのお店で、値も張る。なるほど。

-----
さて、建築っぽく。

コロンボの国営バスのターミナル。程よいアール。ちょうどいい高さに広告のストライプ、連続する角度が少しずつアールに沿ってかわる梁、なかなか気持ちいい。

090906_bus.jpg

コルピッティヤのマーケット。

外観は何の変哲もなく、入り口からちょうど光が落ちているのに気がついて、前から気になっていた建物。入ってみるとマーケット。

スキップフロアになっていて、真ん中は吹き抜けてきれいに光が落ちてくる。両側の階段と、上の階の渡り廊下もいいバランス。コーナーが丸いのもいい。八百屋、魚屋、その他食料品の順で階をあがっていく。上から見下ろす八百屋の風景もいい。

090906_KM1.jpg

090906_KM2.jpg

付け加えて、吹き抜けのある空間ではないですが、肉屋さんも発見。豪快につられた牛肉や鶏肉、ブッチャーが叩き切る肉、飛び散る血肉。生きた鳥もいた。店先で絞めるのだろうか?

付け加えて、最上階、日本食材が売っているではないですか。偶然にも発見したナイスなマーケット。
スポンサーサイト



  1. 2009/09/06(日) 21:34:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0