j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャドオペさんの嘘 - ウェイターさんの嘘

今日は土曜日ですがオフィスに来ております。
オフィスに来ると、僕と同じ部屋で働いているにいるキャドオペさんTがいました。

僕:何してるの?
T:今、建築の勉強しているからその課題。パソコンが使いたくて。
僕:会社(JV組んでいるローカルの会社)には許可とってあるの?
T:D氏に言ってある。

さて、今日は僕の上司がD氏とミーティングのため、そのミーティングとは関係ない僕もついでにオフィスに来ているのでした。で、上司とD氏のミーティング後、D氏が僕に挨拶に部屋に来増した。

以下、シンハラ語での会話を勝手に想像してみると、
D:あれ、T、何でいるの?何してるの?
T:あ・・・

D氏に言ってある、というのは嘘だったようです。

-----

昼、近所の中華料理屋さんに昼ごはん。
ほうれん草の炒め物を頼んだら、空心菜の炒め物が来ました。

僕:(上司に向かって)あれ、これ空心菜ですね。ほうれん草頼みましたよね?
ウェイター:(会話を察したのか)はい、空心菜。好きだよね?前も頼んだよね?
僕:いやいや、ほうれん草を頼んだんだけど?
ウェイター:空心菜も美味しいよ。(笑いながら)
僕:いやいや、ほうれん草を頼んだんだけど?
ウェイター:空心菜も美味しいよ。
僕:いやいや、ほうれん草を頼んだんだけど?
ウェイター:いや、あなたたちは空心菜をたのんだはずだ。
僕:いやいや、ほうれん草を頼んだんだけど?
ウェイター:ウェイター:いや、あなたたちは空心菜をたのんだはずだ。
僕:いやいやいや、ほうれん草を頼んだんだけど。かえてくれる?
ウェイター:だめ。できない。
僕:なんで?
ウェイター:その分、僕がお金払わなくちゃいけないでしょ?
僕:かえてください。
ウェイター:ごめんなさい。できない。
上司:マネージャー呼んできて。
ウェイター:無理。
上司:マネージャー呼んできて。
ウェイター:分かった分かった、代えるよ。

こういうのは割りと良くある話です。間違いに気がついた時点で最初から、ごめん、かえるよ、といわれたら、こちらも、いいよかえなくてと気持ちよくいえるのですが・・・。

なお、客の言うことは聞けませんが、マネージャーの言うことには素直に従うのもスリランカでは良くある話。上司がマネージャー呼んできてといって本気でマネージャーを呼ぼうとしたとたん、素直に交換に応じました。

ちなみに、スリランカのレストラン、食べ終わったお皿を下げるタイミングは、ものすごく早いです。まだ同じテーブルの誰かが食べていても、食べ終わった分のお皿はすぐに片つけます。

なお、スリランカのほうれん草、日本のものとは違っていて、肉厚でなかなか美味しいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/28(土) 17:17:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。