FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

再来 - コロンボ

コロンボに向かう飛行機、今回は団体さんには会わなかったけれど、確実に日本人旅行者が増えています。

機内、やたら興奮したスリランカ人が暗い夜行便でフラッシュ焚きながら写真をとりまくり、すっちーさんに叱られていたかと思えば、着陸後、今まで見たこともないくらいの笑顔をこちらに振りまきながら、僕のほうを見ている。俺の写真を撮れ、と。こちらは熟睡を着陸に起されたため、機嫌が悪く、今までにないくらいの無視。

今まで住んだ家にまた住めることになり、深夜、到着。

オーナーが気を利かせて、メイドさんにあたたかいスリランカ式ミルクティーとちょっとした食事と翌朝のパンを用意させていた。深夜にチキンカレー煮付けは食べられなくて、翌日の今日食べたのだが、とても、とても、ありがたい。今日も葡萄と小さないままで見たこともないほどの小さな西瓜(グレープフルーツくらいの大きさ)を持ってきれくれた。甘かった。

ちょっとづつ変わるコロンボ、南北の海岸寄りを走る目抜き通り、Galle Roadの工事が終わっていて、歩道がきれいになって、街路樹が植わって、ちゃんと動いている信号がついていました。

プロジェクト関係でイギリス人と働くことになりそう。英語がうまいうまい。耳が良くなりますよ、これは。
しかし、ネイティブと話すと、自分の英語が伝わらない。なぜだか知らないけれど、ノンネイティブにはノンネイティブの英語を聞く力があるが、ネイティブにはノンネイティブの英語を聞く力がないらしい。本当になぜだか分からないが。しかし、そんなことより、英語の発音も鍛錬せねば。

大きな確立で、しばらくコロンボ滞在が続きます。九月末に三週間ほどの一時帰国が予定(あくまで、予定)されていますが、またしばらくのコロンボ生活が始まります。

いつもいいますが、いいところですので、是非遊びに起し下さい。僕は忙しくしておりますが・・・
スポンサーサイト



  1. 2011/08/17(水) 03:42:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:0