j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪 - 改革は

大阪知事と大阪市長選挙、革新派が結構な割合で差をつけて勝利でしたね。どーでも良くない、とても気になる選挙でした。どこか保守的な日本ですが、大阪の動きは本当に変わろうとする動きであり、有権者もそれを応援しているという結果、とにかく今後が気になります。

都市計画的にも気になる、地方の大きな動き。先日国土計画のことに思考をめぐらしたばかりなので、とくに、均質的に平等に発展させてきた国、それに答えて均質に発展してきた地方はある程度以上に成熟して、もう一度地域性を取り戻すような動きになっている、と大きく解釈してみると結構面白い。惰性の地方政治が切り替わっていくのは面白い。

橋下さん、最初政治に挑んだときから力をつけて、カリスマ性をつけてきたような気がする。明らかにかわらなきゃという流れの先頭に立っている。変革には反対勢力も強いが、それにもめげずにつき進んでいる。吉とでるか、凶とでるかは分かりませんが、こういう政治家、日本にはい他にはいないよね。名古屋で名古屋弁でゲンゼーとしか叫んでいないおっさんよりは強い意志が感じられます。

大きな変革は一人のリーダーとそれを支える大きな動きでしかなしえないでしょう。大阪人は団結してそんなことをしてくれそうな気がします。期待して見守りたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 01:38:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。