j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スリランカ雨季の谷間 - 携帯画面保護シート、靴、コシヒカリ、マンゴスチン

雨季に入ったスリランカの西海岸は雨が続いています。休日の土曜日、久々に晴れています。どこか遠くに行きたい。

そんな雨のためか、革靴が壊れ始めたので、そのほかの用事と共に買い物に出かけました。まあ、カッコよくも無い普通の革靴、4500ルピー。現在のレートで2800円。1円は現在1.6ルピーほど。僕のいた期間では1.2ルピーのときもあったので、今は随分とルピー安だ。

先日買った携帯の保護シート、張るのに失敗したので、シートを買いに行った。こちらは700ルピー、430円。日本でもこんなもんなんでしょうか。商品は怪しげな日本語のみで張り方が説明されています。意味不明。製造先の住所などはタイ語で書かれているので態の会社のもの。たいわんで組み立てと書いてあるので、台湾製。英語も中国語もタイ語も説明書きはなし。

漾彩液晶靜電保護ツート

120428-sheet2.jpg

内はアタッチメントを近ブく

120428-sheet1.jpg

身が設計して心をにめてあなたを愛護した宝愛機を測ります。
記憶は吸って弧を近づく面は大人しく服従する、水漾子はようだの明瞭ではっきりしているあなたに詠嘆させるないもう。
毛を深化して細かく特性を浸透する、密かに合うのが痕を削るのがさらに有効だ。

なんだかとっても詩的であります。説明は怪しげな日本語でしか書かれていません。

お店にて、携帯を出して、これに合うやつといって探してもらったのですが、その携帯を取った店の兄ちゃん、専用クロスで拭き始めました。どうやら張ってくれるサービスらしい。スリランカでは当たり前みたいでなんの違和感も無く、買った商品をオープン。お前がやるより、自分がやったほうがうまく張れる気がしましたが、お任せしてみる。と、おくからおっちゃん登場。おっちゃんはシート張り専門なのでしょう。上手い。


さて、映画館の気になるスリランカ映画。子供が宇宙服を着ています。怪しさ満点で気になりすぎる。

120428-cinema.jpg

ミニマム建築。この階段がいい。結構好きです。

120428-minimum-archtecture.jpg


我が家から無くなって久しい日本米を買いに。なんと、コシヒカリがありました。2キロ買ってみることに。なんと、1キロ420ルピー。260円。高、と思ったけど、日本でのお米の値段をあんまり覚えていない。

マーケットの果物屋さんで、ドラゴンフルーツが売っていたので買おうと思ったら、一つ300ルピー。スリランカのカレー一食100ルピーを考えると、高すぎですね。一つ50ルピーほどのマンゴスチンを買って帰ってきました。

120428-mangostin.jpg

うまい。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/28(土) 19:51:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。