FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

ポラロイド - 偏光サングラス

今までサングラスはしてこなかったが、ちょっと前にふざけた理由(*1)でサングラスを買った。

(*1 いつもサングラスをカチューシャにしているプロジェクトリーダーをチーム一同でからかうため)

安いのでもよかったのだが、似合うのが無くて、ちょっと高い、某有名メーカーのサングラスにした。が、激安なので偽ものと思われる。一応、ポラロイド偏光レンズらしいのだが、激しく疑っていた。が、トリンコ旅行で、せっかくだしサングラスでもかけるか、とか思って使っていると、ちゃんと偏光板として機能していることが判明。

Wikiより、「電磁波である光は横波としての性質を持ち、日光のような自然に降り注ぐ光では、その波の揺れは進行方向に向かって360度平均的に混合された振動方向を持つ無数の光から構成されている。偏光板は特定方向に偏波した光以外は遮断してしまい、その背後の光は偏光した光だけで構成される」。

特に浅い角度で反射する光は、特定方向に偏派しているので、それを抑えるんです。海がぎらぎらしていない!海の中がよく見える!、と効果を実感。

カメラのフィルターにして水中を撮ったりするのにもよく使う偏光板の威力を実感。

ちなみにポラロイドというのは、ポラロイド社が発明したからです。

で、ついでに、カメラで縦構図で写真を撮ろうとすると液晶が見えなくなる事を発見。横にすると見えますが、縦にすると見えません・・・。これは不便。

カメラの液晶が見えなくなったので、ちょっと実験、
パソコンの液晶、左45度傾けると見えません。まあ、サングラスしながらパソコンはしませんが。
海外用Sony Ericsson携帯の液晶、どの角度でも見えます。
日本用Panasonic携帯の液晶、左60度傾けると見えません。
ブラウン管、どの角度でも見えます。

液晶やら映像を写すスクリーンもいろいろな方式がある様子。

120602-03-Trincomalee-11.jpg

ちなみにこんな大門サングラスです。
コロナは本記事とは関係ありません。
スポンサーサイト



  1. 2012/06/05(火) 03:01:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0