j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Go forward - CMB

交通系のプロジェクト、とりあえず一区切り。自分の知らない分野に混ざるってのは、なかなかいい経験でした。都市計画していながら、交通計画って知らなかったんだなと感じること多々。建築系都市計画と土木系都市計画、そんなに別のものではないだろうに。奥の深い世界。日々勉強です。

そんなわけで、久々にコロンボ周辺の都市計画プロジェクトの進行具合をみてみると、僕が情報収集していた頃よりも随分いろんなことが動いている。新しい都市開発構想が増えている。プライベート・デベロッパーが随分と入ってきている。

内戦後三年たってすっかり上り調子のスリランカが見えてきます。頑張れスリランカ。

新しい日本人が来て、三年でコロンボは変わっていますか?との質問をよく受ける。僕がコロンボに来たのは、ちょうど内線が終わった直後。まだまだ街中の検問、そこらじゅうで警備する警察、軍隊がたくさんいた。パスポートは当然持ち歩いていつチェックされてもいいようにしていた。いまではそんなことはほとんどない。

センスのいいレストランやバーが増えた。オシャレスポットでのサービスはスリランカにしては比較的良い。ただし、その分、いままでのダサい(けどおいしい)レストランのサービスレベルが落ちた気がする。もともと、スリランカのレストラン等のウェイターのサービスは最悪だったが、できる奴はオシャレスポットに引っこ抜かれているのかもしれない。

飲食系は増えたけれど、意外と増えない買い物スポット。

街は、道路は、随分と綺麗になった。歩道を歩いていて、思わず穴に落ちる危険が減った。ごみをどこにでも捨てる習慣はあまり変わらない。

トゥクトゥクにメーターがついて、昔の交渉のときよりも移動が安くて楽だ。結構画期的で同じような三輪タクシーのある国の人はみんな驚いている。

新しく集まった今後のプロジェクトにざっと目を通すと、今後も楽しみ。だが、個々の計画ばかり考えていて、全体的計画がないのは、もうそういう思考回路のなさでしょうね。

***

そんな発展にあやかってできたクラブナイトだった金曜日よる。
しかし、最初に行こうとしたところ、エントリー3500Rsに引きまくり、諦めて1500Rsのところにしたけど。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 02:25:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。