j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Shining – Vesak

スリランカが一番賑やかになるVesakのお祭りです。

130525-wesak.jpg

スリランカはじめ、東アジア仏教では、釈迦の誕生、涅槃、入滅は同じ日に起こったとされて、お祝いをします。五月の満月、Vesakがそれ。日本でも花祭りとか言ってお祝いをする地域もあるそうです。カンボジア人の同僚曰く、カンボジアでは歳なる日なのでお寺に行ってお参りをする日ですが、スリランカではにぎやかにお祝いします。

Vesakの時、街を歩くと、いたるところで、食事や飲み物が配られています。施しをした分、徳が自分に帰ってくるという発想で、これを目当てに多くのスリランカ人が街に繰り出します。

また、無数のランタン(提灯みたいなの)や、パチンコ並みの電飾、モーター仕掛けで回りながらきらめく、仏教の重要なシーンを表現した明かりなど、街がきらめき、スリランカ人が夜の街に繰り出します。

みんな田舎から、トラックの荷台に、ワゴン車にすし詰めになって押し寄せ、この日ばかりは夜の外出が良しとされない若い女性も夜の街に繰り出し、夜更けまでにぎやか。

まさにお祭りの雰囲気。

2010年に街に繰り出して以来、久々に、うちの近くにある、最大の会場に行ってみました。あまりの人手に人ごみについてから五分そこらで退散。

三年たって、なんかずいぶん活気が出てきた気がする。それだけでなんか満足。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 04:06:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。