j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリジナリティ - 個性

ご無沙汰しております。

近況報告;

9月に日本から帰スリし、スリランカで友人の結婚式で久々のパーティーに歓喜してきました。はじめの結婚式スピーチは日英、自分で通訳でした。GalleにあるAmanGallaでの結婚式は優雅。個性的な手づくりで暖かな結婚式でした。

131006-Wed.jpg

休日を利用し、Anuradhapuraへ。遺跡は豪雨により、残念ながら担当しきれず。紀元前から10世紀くらいまでの都とお寺跡地。いたるところに建築の土台が残っていました。もっとじっくり時間があれば古代都市に思いを馳せられたのに。
そして、Wilpattu National Parkへ。豹がみられることで有名なサファリツアー。豹のために早朝出発するも見られず。その代り、野生のワニと、鹿と鹿の喧嘩と、ワシなどの鳥類を観察してきました。

131020-WPT.jpg

***

ニュースより1.

交通系の仕事をしてるので、ちょっとだけ交通にも明るくなってきました。基本的に、公共交通は日本の都市型私鉄を除いて儲かるものではありません。都市型公共鉄道が日本で収益をあげているのは、高密度の住宅群、人々の満員電車への耐性、車の方が不便、などなど様々な状況がありますが、特に私鉄の郊外住宅開発などの戦略が成功しているからです。このような公共交通で黒字を生み出している事例は世界的には稀なのだそうです。

ちょうど日本に帰った折、JR北海道の不祥事が明るみに出たところ。JR北海道は長きに渡り、どうしようもない体質が改善できなかったわけです。しかし、まず、JR北海道は不利を背負っていることを理解しなくてはいけません。

国鉄が分割民営化され、北海道、九州、四国は明らかに不利でした。特に人口がいない割に広い北海道は大変。加えて北海道は冬、過酷な雪のために除雪費用が半端ないのです。

そんなことから、北海道は特に、厳しい経営環境が予想され、国による政策的経営支援スキームとして、経営安定基金が設けられており、さらに固定資産税減免などの各種支援措置を受けています。また、当初は独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構国鉄清算事業本部(発足当初は日本国有鉄道清算事業団)が株所有していた各民営化会社、東、西、東海は既に株は民間に渡り、本当の意味で民営化しましたが、未だ、北海道、四国、九州は、ここが株式を100%保有しているらしい。

しかし、北海道は擁護されたものではありません。安全対策を怠った罪は大きいです。いくつも事故を続けてきた末のレール保線放置の発覚なんですから。この前北海道に行って、空港から札幌駅に向かう車内のアナウンス、故障した特急車両の影響で特急自体が運休といいます。代わりになる車両も保有していないほど、経営難なのでしょうか。

一方で、面白いのはJR九州。柔らかい頭でわくわくする鉄道の旅を提供し続けている。観光に重きを置いて、最近は豪華観光列車もスタートさせましたね。一方でセンスの無いのはJR四国。普通電車に初期の新幹線のお面をかぶせた電車を走らせるらしい。保育園の頃の電車ごっこで作った段ボールの新幹線を思わすダサさです。JR北海道の今後の舵取りに一応期待しときますか。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK3002L_Q3A930C1000000/

***

ニュースより2.

ザハのデザインで話題をさらった、オリンピックを目指す新国立競技場。そのデザインと先進性に歓喜したのもつかの間、槇文彦が疑問を呈しました。

http://www.jia.or.jp/resources/bulletins/000/034/0000034/file/bE2fOwgf.pdf

そしたら急にそれに追随する日本建築家集団。正直、僕もデザインに歓喜するあまり冷静に周囲の状況を見ていませんでした。

槇氏にとっては彼のデザインによる体育館のある思入れのある地、良く知った地。なんでも風致地区一号に選ばれた場所だとか。僕はあまりこの場所に明るくなく、良く分かりませんが、槇氏の指摘はもっともだとも感じます。また一方では、東京という場所でこのような思い切ったことをすることに大きな違和感を感じなかったりします。汐留裏にある浜離宮からの高層ビルのスケールの違和感の共存が東京的だとも思ったりしますので。

正直なところ、僕が気に入らないのは、急に槇氏の後を追っかけて批判を始めた人たち、だったりします。思っているなら最初から指摘せよというか、日本人の仲間意識というか、大物が行ってくれたからゆえの安心感というか。日本人的なのかなあ。

あと、1800億円と見込まれた建築費、3000億まで膨らんでいるとか。こっちも今後の舵取りの課題かと。

批判を受けて無難に落ち着くことだけは避けてほしい。お金が高いと言って、ありがちなスタジアムになる事は避けてほしい、と思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/24(木) 02:50:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。