j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スリランカ - 新年

140424-Sinhala-New-Year.jpg

スリランカのお正月は、4月14日頃にやってきます。タイとかでは水かけ祭りとして有名。ミャンマーやラオス、カンボジアもお正月です。ちなみに、みんな休んじゃうので、この期間に日本に帰っていたんですね。スリランカ、ミャンマーはじめ、これら地域の仕事も多い僕の会社では、みんな帰国しており、本社オフィスは賑やかでしたよ。

お正月明け、最初のオフィスでも、一年のご多幸を祈ってなのか、なんなのか、ちょっとしたセレモニーをします。実は、このセレモニーに参加するのは初めてだったりします。

たぶんスリランカの国鳥である、スリランカヤケイという鶏なのか、そんなのをかたどったオイルランプに火をともして、お正月に食べる、キリバット(ココナッツミルクで炊いたお米)にルヌミリスという玉ねぎとレモンと唐辛子の和え物をちょっとつけて食べる、ヘビーな食べ物と、やたらと甘いお菓子が何種類も並び、あれもこれも食べろ食べろと催促を受ける。この催促攻撃には慣れたものの、厳選選りすぐりスタッフ女性と、男性の奥さんたちの手作りとあっては、と食べ続け、朝から満腹。

まあ、キリバットとかルヌミリスは特に、甘いお菓子も、なかなかお店では見かけないので、貴重な体験なんでしょう。スリランカを離れたら食べる機会のなくなる食べ物たちでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 04:24:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。