j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋、日本 - 水辺、橋

141130-akikawa2.jpg

先週末、紅葉を見に行こうと、秋川渓谷に行ってきた。まだ紅葉が間に合う都内の隠れスポットだった。

中央線で西へ、青梅線を経由して、支線っぽい五日市線で、武蔵五日市まで一時間ちょっとで辿り着く。電車に合わせて出るらしいバスに乗り遅れ、駅前に唯一のパン屋でコーヒーを飲んで出てくると、バス停長蛇。そして、よりによって小さなバスが来て、乗り込めず。秋川渓谷の目的地、温泉施設のある場所まで5.5kmとあるので、途中お昼ご飯を食べつつあるくとする。うどん屋のおばちゃんの話では、増便バスがあるらしい。が、歩く。

温泉で足湯して、ちょっと渓谷と紅葉を見て、もうちょっと奥まで歩いてみる。なんかいい感じの橋があるらしいというので。ただ、遠くて、途中で挫折。夏用の河原でバーベキュー客の駐車場のあるあたりで、河原に降りてみる。これがあたりだった。

141130-akikawa.jpg

誰もいない渓谷、せせらぎには、誰もいない。赤いもみじと清らかな流れ、きれいな水。本当に心あらわれる。
帰り、バス停に向かうと、また、一台行っちゃったー、というところで、すぐに増便が来た。
ちゃんと紅葉を見に行ったのは初めてかもしれない。

***

今週は、東京都庭園美術館に行った。アールデコの旧皇族が使っていた邸宅だ。ずっと行きたかったのだが、補修に入り、このほど再オープンした。コンクリートの邸宅は、綺麗にまとめられたアールデコ。ラジエーターカバーが綺麗に部屋ごとにデザインされている。和を取り入れた折衷。とても気持ちがいい邸宅だ。

残念だった点2つ。

まずは床が全部カーペット時期になっている。本来は寄木のきれいな床である。ところどころ、入れない部屋だけがこの寄木を見ることができるが、ほとんどの部屋はカーペットで台無し。

そして、窓。本来は木のサッシだったと思われる。ところどころ、後世に修繕されたと思われる鉄もある。大体は観音開きだったようだ。ただ、今回の補修で多くが木枠の外にアルミのサッシで嵌め殺し窓となっている。一度気になると、外からみた外観でもそれが目立ってしまい、なんとも不格好だった。

新館は美術館仕様のホワイトキューブとカフェ。まだオープンしていない庭園に開かれているが、テラスが狭い。寒い中コーヒーを飲みながら、庭園美術館というだけに、もっと外を使って欲しかったとも思う。

***

先週はまた、水辺の都市計画っぽいセミナーに行ってきた。

東京の水上交通を盛り上げたいという団体が企画したものだったが、前半は、長崎のフェリーターミナル、ベルギーの構造系デザイン事務所の橋設計のはなしが面白かった。

長崎は街から海が見える事を重視し、海沿いは厳しい高さ規制を引いており、フェリーターミナルも平べったい、建築だ。目立たない。土地の利もあり、超大型フェリーが入ってこれる橋下の高さの関係もあり、長崎港の国際クルーズ船寄稿は、日本一多い。長崎の半分くらいで神戸、その半分くらいで横浜が続く。長崎は、戦略的にクルーズ船を呼び込もうとターミナル整備をきめたとのことだ。

続いて、橋デザインの話。かっこいい橋が次々と出てくる。日本の土木系には見られない洗練されたデザインの話は、エンジニアリングに裏付けされており心地よい。会のあと、個人的にあいさつに行って話すと、面白い話が聞けた。日本の橋は、桁間で構造が完結するように設計するらしい。それは必ずしも最適解ではない、橋は本来一体のものとして設計すべきで、その方が、お金も安くすることができると。いままで、日本の橋づくりに思ってきた、なんだか違和感に近いものが解けた。ヨーロッパの橋、構造を真剣に検討することで安くし、デザインに力が入るのだ。日本の橋、たぶん構造計算の簡単な、従来通りの設計で、これ以上効率化できないところまで来ている。なんだか日本ダサいな、と思わざるを得ない。

彼ら、橋に限らず、構造に頼る建築もするらしい。札幌の路面電車の電停のデザインもするらしい。楽しみである。こんな話を聞いていると、いまもめているザハの国立競技場も何らかの解でオリジナルデザインに近づけるんじゃないかとも思う。

その後は、水際のウッドデッキなどを作るメーカーのお話、東京に水上交通を復活させたい団体の元都職員のお話し、遊覧船運行会社のお話しがあった。かなり偏った市民的視点に見えてしまったので、ぜひとも広い視野で実現させてもらえればと思う。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/09(火) 00:10:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。