j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山、山谷山 – シンドパルチョーク被災地

1300mのカトマンズを出発、1700mの峠を越える。ずいぶん良い景気らしいが視界は良くない。峠を越えて下り。850mのシンドパルチョーク郡メラムチの街に到着。川が合流する谷間の街。ずっと舗装のない道だ。

151219-Schoke3.jpg

151219-Schoke2.jpg

被害マップを基に被害の激しい地区を見る。石積みがことごとく壊れている。頼りないつり橋を渡り、粟か稗か黍畑のまわりのとたんの仮設住居の集落へ。後で航空写真で確認したところ、このすぐ近くの集落が壊滅している。仮設住居の集落は畑であった一部のようだ。農民は協力し合って、共同避難所をまず作り、その後、とたんで各家屋を作ったようだ。ちょうど、穀物を収穫し、脱穀の作業をしているようだった。この冬はここでこすのであろう。来年、新しい住居をゆっくりと作り始めるのだろうか。

メラムチでのランチは、ネパールカレーのセットに、川で朝釣れたばかりの川魚のから揚げをつけてもらった。ニジマスの小さいような魚、非常に美味。

メラムチから、ローカルの道路を進む。再び1600m程度の峠を越え、900mの谷におり、1500mの郡都、チョウタラへ向かう。途中、標高の高いところではとうもろこし、低いところでは稲の豪快な千枚田が続く。是非、田植えの頃、水が張られる時期に来てみたいと思う。青々と稲が育つ季節は雨が多く、未舗装の道路は危険なので、そんな美しい風景を見る機会はないのだと思いつつ。

途中、農村集落をいくつも抜ける。本当に小さい集落だが、人々の暮らしは豊かに見える。石造の住宅はほぼすべてが壊れており、やはりトタンで仮設住居を作っている。まったく観光客も来ない集落の人々は本当にとても生き生きしている。そんな小さな集落、山肌に張り付きながら、等高線を見るような畑と点在する木々の風景は、人々が生み出すものだと実感する。スリランカで見た、山全体が茶畑の不自然な風景ではない。昔から人々の営みが作り出した壮大な風景だ。土砂災害を恐れて集落は、慎重に選ばれていると思われる。尾根に合ったり、厳しい斜面に貼りついたり、水を汲む苦労を考えるととても大変なんだと想像がつく。空気が澄んでいればヒマラヤも望めるのかもしれない。しかし、乾いた冬、風もそこまで強くないネパールの空気の透明度はあまりよくない。

そんあ美しい風景を超えてチョウタラ。なぜここにこんな町があるのかは不明だが、尾根にそれなりに大きな町がある。この町は、カトマンズからのアクセスの良さ(といっても直線40キロで3時間弱)と、被災の大きかった郡都であったことから、国際的なドナーの拠点となっている。街を歩くと、UNICEF、UN、JICAなどなど、多くの活動拠点となっていることが分かる。仮設病院は良いとしても、特に欧米系のドナーのテントの豪華さが際立つ。空調もついた立派なテントがいくつも立ち並び、ランドクルーザー的な車が止まっている。テントの近くの子供たちも、英語的発音で、Hi、と挨拶してくれる。住民の貧相なテントを見ながら、道中見てきた壊れた家家を見ながら、何とも複雑な気分が拭えない。

151219-Schoke1.jpg

街の中、入った甘味処で、アンコをあげたクレープの皮みたいなので包んだのを食べ、インスタントコーヒーを出してもらう。これもまた美味であった。店員の可愛い女子と、ネパール語しか話せないのにいろいろ話しかけてくれたオッチャンの対応を見ていると、この甘味処には外国人は来ないと見える。建物も壊れかけており、手を洗う事も出来ず、ちょっと明日のお腹が心配ではあるが、大量のアンコも非常に美味であり、居心地も良く、多めのチップを置く。

帰り道は、この郡都に至る幹線道路。ようやく舗装の道だ。ところどころ、穴の開いたアスファルトを埋めたあとが真新しく、やはり複雑な気持ちが拭えないのであった。

非常に有意義かつ週末的時間も過ごせて、良い視察となった。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/20(日) 01:21:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。