j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Turkish Toilet - トルコライス

昨日、友人宅で、トルコライスなるものを食べました。ピラフにカツカレーとスパゲティーナポリタンとサラダが一緒のお皿に盛りつけられた謎の料理でした。長崎名物らしいです。

トルコといえば、トルコで女子大生が殺されました。反政府デモとかオリンピックとか時期が時期だけに勘ぐりましたが、友人もトルコ旅行中だったので大いに心配しましたが、結局はたまたま凶悪犯罪に巻き込まれた運がなかったんだと。刺された女性もいい意味で海外慣れしていた人っぽいし。ともあれ、他人事ではない事件です。冥福を祈るとともに気を付けないと、と思う次第です。

この事件の後でのトルコ人たちの行動も注目を集めています。観光地の経済的にマイナスにならないように裏目的があるかもしれないけれど、本当にごめんなさいという姿勢には、それ以上に涙を誘います。

ついでに、オリンピックが東京に決まった後、トルコ人がトルコ語で書いた「トウキョウおめでとう」が世界のツイッターのランキングに上がったり、トルコ首相が阿部首相に抱擁して祝福したりと、ネット上ではトルコトルコ、となっている感もありますが、ちゃんとトルコの今をどれだけの人が冷静に見ているんでしょうか。トルコのメディアに向けては、「10億人のイスラム世界との関係を切り捨てた」とIOCを強く非難しているらしいです。そんなのを見ると、阿部氏との抱擁は次回立候補の時の応援を取り付けるパフォーマンスじゃないかと勘繰ってしまいます。

ちょっと前、トルコでは反政府でもがありました。阿部首相に祝福したトルコのエルドアン首相への反感から来るものです。安定政権後の独裁への傾倒とも感じられる政策、政教分離の憲法を持ち、ゆるいイスラムの国であったが、イスラムへの傾向とも感じられる政策、への反感らしいです。そしてそんなデモを力で制圧しようとしています。単純にトルコ親日と言っている人はどこまでトルコを知っているんでしょうか?

とはいえ、日本とトルコの友好関係は素晴らしいし、きっとトルコへはいい気分で旅行できるんだろうな~と思うと、自分の中でトルコが急遽行きたい国にランクインしてきました。
  1. 2013/09/16(月) 02:19:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<密度・個性 - Fall in Sapporo, Love in Hong Kong | ホーム | 週末海 - 東京2020>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。