FC2ブログ

j-ume blog

建築 + アーバニズムの冒険 - the quest for urbanism + architecture

二兎追うものは - Hilversumのオフィス

今日は探しているインターンのもう一つの面接でした。

デルフトからは電車で一時間半もかかる小さな街 Hilversum にあるランドスケープデザイン+アーバンデザインのオフィス。

住宅街の中歩くこと15分、小さ目のオフィス。

彼らのプロジェクトをいくつか見せてもらいましたが、なかなか。過激なデザインをしているようで繊細に処理している。仕事へのスタンスも、僕らインターンもちゃんとプロジェクトに頭をつっこんでさせてくれるようなので、とても好感触。

僕のポートフォリオの評価もまずまずかな。

ただし、フルタイムで働けないことが引っ掛かる様子。週末か来週頭に連絡しますとのことでした。一抹どころか不安です。五分五分の確立でしょうか。

ここで悩むのは、先週面接してきた事務所とのかねあい。と言うのも、今日の方が本命です。

そちらは先週中に決断すべき所を、今日の面接があったので、明日まで決断を引き延ばしてもらっているのです。

先週の事務所を選べば、無難にパートタイムの仕事を得られる。
今日の事務所を選べば、有意義なプロジェクトとともに働けるかもしれないし、どちらも逃してしまうかもしれない。

二兎追うものは一兎も得ず、とのことわざに従えば先週の事務所にOKと言うことになるのでしょうが、今の心は、今日の方に賭けようかというところ。
  1. 2007/03/07(水) 04:23:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<くみたて - thesis discussion with Luisa 1 | ホーム | 月の消える晩に - ミュージアム・ナイト>>

コメント

おもしろかったでしょ、あそこの事務所?
日本に知られてないところが穴場的でいいしね。
っていうか、フルタイムで欲しいなら、普通に8月ごろ就職活動して、
働き始めるのもありかもね。

とにかく難しいところだね。
僕だったら、あんまり興味ないところで働くくらいなら、
論文に集中したり、旅行したりすると思う!
  1. 2007/03/07(水) 17:38:11 |
  2. URL |
  3. とも #-
  4. [ 編集]

穴場だね。たぶん事務所開いてから事務所の場所を移してないんだろうね。本当に住宅地の中、ほとんど街の端っこにある事務所。

建築事務所とかと共同でプロジェクトを進めていたりするもの面白そうな所。当事務所では建築はきっぱりしませんと。でも都市、建築、ランドスケープをわけて考えるのは嫌ですといってましたよ。

もう一個の方、お断りの電話を入れたから、後は待つのみ。

人生はやはり冒険です。ここぞというときには危険承知でも進むのみです。

といって、もう一個の方にいけばそれはそれで、オランダ的な均一コピペ住宅が、どのように出来上がっていくのかを知れる、というのは大きな勉強になると思います。

ダメ、と通知が来たら、もう一個の方に泣き寝入りのメールでも入れようかな・・・。

論文に集中は勿論、日本に行くために、旅行するお金はないしなあ。
  1. 2007/03/08(木) 03:02:55 |
  2. URL |
  3. j-ume #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する